グルメスポット

神だこ(たこ焼き:おおとう桜街道フードコート) 風味・食感豊かなこだわりたこ焼きと2017駅-1GPスイーツ部門優勝の石炭ソフト

大任町の道の駅「おおとう桜街道」もみじ館のフードコート内にある「神だこ(じんだこ)」さんに行ってきました。このお店、たこ焼き屋さんなので、いろんな味付けの美味しいたこ焼きを出してるんですが、ソフトクリームやかき氷も扱っていて、25%の生クリーム、脂肪分12.5%でコーン部分にラングドシャを使用したプレミアム生クリームソフト「クレミア」や、2017年の駅-1グランプリのスイーツ部門グランプリの「石炭ソフト」は、真っ黒なビジュアルがかなり斬新で話題を呼んでいます。

2017年の駅-1グランプリのスイーツ部門グランプリの「石炭ソフト」とは?


まず道-1グランプリは、「もっとも、おいしい、道の駅はどこだ!?」「道の駅を食べつくす」がキャッチコピーの年に一度8月末に開催される道の駅グルメの祭典です。2018年大会は47都道府県、1145駅の道の駅のなかから、選考により厳選された、20駅の看板グルメが一同に会し、来場者の投票により、王者を決定します。道の駅おおとう桜街道の「石炭ソフト」は2017年大会のスイーツ部門で見事グランプリに輝きました。

炭坑の町「田川」の由縁で、石炭をイメージして作られた「石炭ソフトクリーム」は、見た目が真っ黒でギョッとしますが、いざ食べてみると普通に美味しいチョコソフトクリームの味です。真っ黒になっているのは、健康に良いと言われる「竹炭」をしっかり練りこんであるからだそう。大人から子供まで、男女問わず大人気な商品です。

竹炭特有のにおいはないですが、口に含んだ時に多少口の中がざらつく程度です。真っ黒な食べ物で心配なのは「食べた後の口の中が真っ黒になってしまう問題」。そこはご安心を!いかすみパスタのように口の中や歯が黒く染まることはありません。ただ、唇回りには黒というか、ソフトクリームに溶けていた竹炭の細かい粒が結構付着するので、特に女性は食べた後、鏡を見たほうがいいかもしれません。

風味豊かでおいしい食感のたこ焼きは、トッピングメニュー7種類+竹炭入りから選べる


神だこのたこ焼きの特徴は、昆布だしを使用した生地に厳選したタコをいれて焼いた後、揚げるという独自の製法です。油で揚げることで表面がパリッ、中がトロッとした独特の食感になります。

神だこのたこ焼きはトッピングメニューも7種類と豊富です。スタンダードなたこ焼き「神だこ」6個400円、8個500円)をはじめ、「ねぎ醤油」「明太マヨ」各6個480円、8個600円)が特に人気です。その他に「タルタル」「エッグマヨ」「おろしポン酢」「チーズ」各6個480円、8個600円)があります。そして面白いのが、どのメニューもベースになるたこ焼きが「竹炭入り生地」に変更できる点!ぜひお試しください♪加えて、縁日などで人気の「たこせん」200円)、「なんじゃ焼き」(500円、大盛り600円)もあります。

「神だこ(たこ焼き・カフェ)」の住所・交通アクセス・営業時間・公式サイト

住所〒824-0511 福岡県田川郡大任町大字今任原1339 道の駅おおとう桜街道もみじ館
営業時間10:00~19:00(オーダーストップ18:30)
定休日毎月第三水曜日と1月1日(季節等により変更あり)
カード使用不可
電話番号090-4347-3935
駐車場店内禁煙
喫煙・禁煙無料駐車場あり
参考サイト食べログ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ