観光スポット

出雲神社:福岡県大任町にも出雲大社の分霊、縁結びの神様、大国主命が祀られています。

出雲神社

縁結びの神、農業・国土保護の神として古来より名高い島根県出雲市の出雲大社(いずもおおやしろ)ご祭神大国主命の分霊を守護神として昭和56年12月20日に英彦山川の川筋のこの地に氏子の浄財で大社造りの古風独特な社殿を創建され祀られました。

境内には古事記の中の逸話『因幡の白うさぎ』で知られる、大国主命が皮を剥がれたうさぎを助ける場面の銅像があります。

絵馬やお守りは無人販売しております。箱に自らお金を入れる仕組みです。

大国主命が奉られ、『縁結びの神様』として有名なだけに、縁結びを望む方々の密かな人気スポットとなっています。

境内入口にある由緒書きには下記のように書かれています。

 八雲立つ出雲の国が神の国、神話のふる里の国として知られておりますのは、神代の神々を祀る古い神社が現代も到る処に鎮座しているからであります。そしてその中心が「だいこくさま」をお祀りした出雲大社です。

 大国主神は私達の遠い遠い親達と喜びも悲しみも、共にせられて国土開拓され国造りにご苦心になり農耕漁業をすすめて人々の生活の基礎を固めて下され福の神、縁結びの神、農業の神、医薬の神として日本の歴史の流れの中に皇室をはじめ国民の変らない信仰の中心であります。

 出雲の神様といえば縁結びの神様と申します。この縁結びという事は男女の仲を初め、人間が立派に成長するように社会が明るく楽しいものであるように全てのものが幸福であるようにとお互いの発展の為のつながりが結ばれることです。

 だいこく様が全ての人々から広く、深く信仰をお受けになっているのも、この結びの御神徳を私どもに注いで下さる神様であるからです。

 だいこく様は、私達、家庭の親が、子供の幸福を願って、教育保護するように人間社会の幸福の「縁を結んで下さる」親神であります。

みんな心を合わせて出雲神社のお神様を信仰致しましょう。

主な祭事

 2月3日 節分祭
 5月1日 神幸祭
 7月1日 皆作祭
 11月1日 献穀祭
 12月20日 鎮座祭
 12月31日 除夜祭

「出雲神社」の住所・交通アクセス・営業時間・公式サイト

住所〒824-0511 福岡県田川郡大任町今任原 田川郡大任町大字今任原1999-5
営業時間24時間
駐車場無料駐車場あり
公式サイトhttp://www.town.oto.fukuoka.jp/info/prev.asp?fol_id=1386
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ