観光スポット

野原八幡神社(下今任):上今任の野原八幡神社の分社で古くは渡瀬山八幡宮と言われた宇佐神宮の末社。

今日は下今任という地域の小高い丘にある下今任鎮守『野原八幡宮』をご紹介します。こちらの神社は寛永5年(1628年)に今任村が、上今任村と下今任村に分村した際に、上今任の野原八幡神社を分社したもので、古くは柳瀬山八幡宮と呼ばれていました。したがって祭神は上今任の野原八幡神社と同様ですが、さらに猿田彦大神と饒速日命とを祀っています。上今任の野原八幡神社はこのあたりが昔、宇佐八幡宮弥勒寺の寺領であったところに、藤原今任卿が大分県宇佐市にある宇佐神宮から勧請した由緒ある神社とされています。

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)は道祖神(集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神)と同一で、旅行の安全を守る神様であり、男女和合の神様であり、厄病退治の神様でもあり、俗間振興の高かった神様です。饒速日命(にぎはやひのみこと)は神武天皇東征のおり、妻御炊屋媛(みかしきやひめ)の兄、長随彦(ながすねひこ)を殺して、のちに天皇から重く用いられ、その子孫は武をもって朝廷に仕えた物部氏です。境内末社には二社の石祠があります。

野原八幡神社の祭神

宇佐神宮に祀られた三柱に加えて2神を祭神としています。
誉田天皇(応神天皇):大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされた方。
神功皇后(応神天皇の御母):神人交歓、安産、教育等の守護。
姫大神(市杵島姫命):宗像三女神の一柱。水の神である。
猿田彦大神:旅行安全、男女和合、厄病退治の神様
饒速日命:物部氏、穂積氏、熊野国造らの祖神と伝わる。

野原八幡神社の由緒

明治6年:村社に列せられる。
大正5年:神饌弊帛供進社に定められた。
詳しくは、『野原八幡神社(上今任):大任町最古の鳥居がある藤原今任卿が宇佐神宮から勧請したとされる由緒ある神社』のページをご参照ください。

野原八幡神社の祭日

4/8 祈年祭
5/2,3 神幸祭
6/24 皆作祭
6/24 川祭
10/27 宮日祭
11/25 新嘗祭

「野原八幡神社」の住所・交通アクセス・営業時間・公式サイト

住所〒824-0511 福岡県田川郡大任町今任原2961
駐車場駐車場なし
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ