大任町について

“ヤバい”ぜ!おおとう町。大任町のヤバさがわかる!ふるさとパンフレット大賞優秀賞受賞のパンフレットが話題

大任町という名前を聞いたことのない方にも、名前は聞いたことあるけどどこにあるか知らない方にもぜひ見ていただきたいパンフレットがあるんです。

このパンフレット2017年に作成され、第4回ふるさとパンフレット大賞で優秀賞を受賞した観光パンフレット。この受賞の際に朝日新聞さんにも取り上げられました。自治体の観光パンフレットが何らかの賞を獲った際のニュースタイトルじゃないですよね…。

“ヤバい”ぜ!おおとう町。表紙

表紙は、町長・副長・教育長や若手職員、商工会メンバーたちがモデルを務める表紙。どこかで見たことありませんか?

ジョージ・クルーニー主演の、オーシャンとその仲間のあっと驚く犯罪をスリリングな展開で見せたハリウッド映画シリーズがモチーフ

“永原譲二町長が中面トップ

モノクロの眼光鋭いこの方は、大任町の町長である永原譲二さん。よくありがちな首長挨拶のページではありません。

この睨みの効いた顔で「おおとう町の“ヤバイ”をこっそり教えます」の文字にちょっとビビります…。

クルーニーと永原町長が同じ「ジョージ=譲二」というところも隠しネタらしい。

大任町は花がヤバい!

続いて色鮮やかな花束をお持ちの、このダンディズム溢れるのが浦野幸治副町長。


大任町のメインストリートは、おおとう桜街道といって、道の駅の名前にもなっていて、春には1500本の桜が満開になって観光客を出迎えます。

道の駅の隣には「花公園」があって、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスが咲き誇る公園です。

また町中には住民のボランティアで年2回花を植える「花いっぱい運動」が行われています。春にはマラソン大会と同時開催の「花いっぱいフェスティバル」も開催されて、

また、町の花「椿」を使った「椿油」が町の特産品でもあります。とにかく大任町には「花」の話題が多くてヤバいんです!

大任町はイベントがヤバい!

大任町では、町内外の方に来ていただく機会を作るために、様々なイベントを行っています。特に来場の多い「花としじみの里 おおとうマラソン」「おおとう夏祭り」「しじみ祭り」が紹介されています。



大任町のイベントPR動画では、年間を通して行われる様々なイベントをご紹介していますのでぜひご覧ください。


もちろんこのおおとうぐらしでも大任町のイベント情報を情報発信しています。

大任町は観光スポットがヤバい!

大任町の観光スポットはけして多いわけではありませんが、西日本最大級の広さを誇る道の駅「おおとう桜街道」は、建物に入ると自動演奏のクリスタルピアノと大きな陶板で表現された桜ともみじがお出迎え。

正面には、中から滝が流れる庭園がみられる明るくて清潔な1億円トイレがあって、金ピカのトイレではないけど優美さは格別!敷地内には天然温泉、お子様が遊べる遊具、ドックランなど盛りだくさんです。

そして、12~1月には60万球のイルミネーションが毎年話題を呼んでいます。


大任町は特産品もヤバい!

手づくりニンニク球、桜マンゴー、城乃越焼、納豆、豆腐、椿油などが特産品として有名です。

特に大任町・田川郡を中心に生産されたにんにくを加工した、手づくりニンニク球をはじめ、人気の熟成黒にんにく、黒にんにくドレッシング、黒にんにく万能だれなど、6次化にも積極的に取り組んでいます。


裏表紙は大任町出身の小峠さん

人気お笑いコンビバイきんぐの小峠英二さんは実は、大任町出身。
アメトーーク!や福岡人志、田川市出身のバカリズムさんと一緒に出演の「バカリズム&小峠の僕らも福岡芸人だ!」など仕事でも地元に戻ることがあるようです。
ちなみに残念ながら大任町の観光大使ではありませんが…。

最後にふるさとパンフレット大賞 優秀賞受賞時の大任町役場担当者のコメント

この度は、過分な賞を頂き、誠にありがとうございます。

大任町は福岡県のほぼ中央に位置する人口約 5,300 人の小さな町です。以前は石炭産業で栄えていましたが、炭鉱の閉山により年々過疎化が進行し、高齢化も進んでおります。

このような状況をなんとかしようと、官民が一体となって、道の駅おおとう桜街道の整備を始めとした街づくりに取組んでまいりました。 この「“ヤバイぜ!おおとう町”」は町の「変化」と「パワー」をイメージして作成したもので、何よりもまず、全国の方に「おおとう町」を知ってもらうために斬新でインパクトのあるデザインを考えました。

表題で使用している「ヤバイ」という言葉も、通常は行政刊行の冊子には相応しくないものですが、現在は若者の間で良い意味で使われることもあるため、今回、新たに本町がパンフレットを作成するにあたり最適な言葉であるということで使用することにしたものです。

本町は他の自治体と比べると、まだまだ発展途上ですが、今回の受賞を励みに更なる街づくりに邁進して行きたいと思います。 最後になりますが、パンフレット作成にご協力いただきました全ての方々に感謝申し上げます。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ