イベント情報

【建徳寺2号墳公開:イベント情報 4/20,21】遠賀川流域古墳・遺跡同時公開に合わせて見れるチャンス!

毎年恒例となる春の遠賀川流域古墳同時公開に合わせて、大任町でも建徳寺2号墳の公開を4月20日、21日に行います。

建徳寺2号墳は、1400年前の6世紀後半に造られた古墳です。

この機会にぜひ、日頃見ることができない建徳寺2号墳に足を運んでみませんか。皆さんのお越しをお待ちしています。

建徳寺2号墳とは?

建徳寺2号墳は、直径20メートル、高さ3メートルの大きさの円墳で、今から1400年前の6世紀後半に造られました。古墳入口はふさがれた状態でしたが、石室の天井石が失われていました。

石室内部から須恵器、刀、馬具、やじり、耳環、管玉が出土しました。出土品からこの地域の権力者の墓と考えられます。調査終了後、古墳は現地保存され、公園として整備されています。

建徳寺古墳公園:1400年前の6世紀後半ごろの直径20メートル高さ3メートルで横穴式石室をもつ円墳が残る公園です。建徳寺古墳は今から約1400年前の6世紀後半ごろ直径約20m、高さ約3m、全長約3.6m。で横穴式石室をもつ円墳です。石室は玄室・前室・...

また石室内部から発掘された出土品は、建徳寺2号古墳のある大任町中央公園の向かいにある「大任町ふるさと館」に展示されていますのでぜひお立ち寄りください。

ふるさと館おおとう:大任町の歴史文化に関する出土品や昔の農機具、田香焼のかけらなどが展示された資料館田川郡大任町の今任原地区、総合運動公園前交差点そばにある「ふるさと館おおとう」は、同町の文化遺産を後世に伝える目的で、貴重な史料の収集・...

建徳寺2号墳~現地説明会概要~

大任町文化財専門委員会. 会長の鈴木顕範さんにお越しいただいて、建徳寺2号墳の概要や出土品、発掘調査の経緯などの解説をしていただけますのでぜひお越しください。

日程:2019年4月20日、21日
時間:10:00~16:00(古墳自体のオープン時間は、9:00~17:00)
場所:大任町中央公園内の建徳寺古墳公園

「建徳寺古墳公園」の住所・交通アクセス・営業時間・公式サイト

住所〒824-0511 福岡県田川郡大任町今任原1670
駐車場駐車場あり(大任町中央公園前)
連絡先ふるさと館おおとう
電話:0947-41-2055
FAX:0947-41-2056

遠賀川流域古墳・遺跡同時公開とは?

平成31年度春の公開日時は、4月20日(土)・21日(日) 9:30~16:00(会場によって時間帯は前後します)です。

遠賀川流域の日頃見ることができない装飾古墳をはじめとする古墳や遺跡を王塚古墳の公開日に同時に公開しています。当日は、ボランティアによる解説や場所によって各種のイベントが催されます。
※画像をクリックすると、拡大版の「遠賀川流域古墳マップ」がPDFで開きます。
◆参加料:無料。当日、現地で受付。
◆解説:解説員が、当日のみ、現地で説明を行います。また、当日のみの体験教室などを実施するところがあります。
※両日公開していない場合があります。
※詳細は、それぞれの連絡先へお問い合わせください。

次の遺跡・古墳が同時公開を行います。

0.王塚古墳(国指定史跡)王塚装飾古墳館

壁画で有名な高松塚古墳やキトラ古墳より100年も前に「王塚古墳」は作られました。王塚古墳には、緑・赤・白・黒の5色を使って様々な文様が石室の壁全体に描かれています。装飾古墳として国の特別史跡第1号に指定された貴重な宝物です。王塚古墳の説明を聞き、観察室でガラス越しに石室壁画を見学することができます。

【公式サイト】王塚古墳特別公開|王塚装飾古墳館
【公開場所】福岡県嘉穂郡桂川町寿命316

1.竹原古墳(国指定) 宮若市

6世紀後半に造られた円墳で、装飾古墳として有名である。ガラス越しにさしば、波形文、船、馬を引いた騎馬スタイルの人物、龍、三角連続文が描かれ、玄室入口の右側に朱雀、左側に玄武が描かれている。

【公式サイト】宮若市役所竹原古墳「国指定文化財(史跡)」
【公開場所】福岡県宮若市竹原734-3

2.水町遺跡群(県指定史跡) 直方市

古くより横穴墓群として知られていた。平成6年~8年の調査により6世紀中頃~7世紀にかけての横穴墓が70基以上発見され、マウンドや線刻画装飾も2基から見つかっている。

【公式サイト】直方市役所|水町遺跡公園
【公開場所】福岡県直方市大字上境49-1

3.川島古墳11号墳(県指定史跡) 飯塚市

川島古墳群のなかのひとつで、昭和62年に発見された装飾古墳である。円墳で復室の横穴式石室で全長6.7mを測る。壁画は奧壁に人物・三角文・円文が緑又は青と赤の2種類で描かれ、上部には石棚を持つ。

【関連サイト】福岡よかとこ.COM|川島古墳公園
【公開場所】福岡県飯塚市川島407外

4.小正西古墳(県指定史跡) 飯塚市

6世紀前後に造られた円墳で、径約29m、高さ約5.5mの大型のもので墳丘内に2つの石室をもつ。内部からは、馬具や武具、装飾品類等の出土品がある。又周溝内からは円筒埴輪片。また人物(巫女・馬子)、馬形、家形の形象埴輪が出土している。

【公式サイト】福岡よかとこ.COM|小正西古墳公園
【公開場所】福岡県飯塚市小正780-2

5.沖出古墳(県指定史跡) 嘉麻市

前方後円墳で全長68m、初期の竪穴式石室に舟形石棺を持つ。1987(昭和62)年の発掘調査で石釧、車輪石、鍬形石の三種の碧玉製遺物が発掘されている。

【公式サイト】沖出古墳 | 嘉麻市観光ポータル
【公開場所】福岡県嘉麻市漆生533

6.伊方古墳(県指定史跡) 福智町

平成31年度春の公開は20日(土)のみです。
田川地域では、最大級の横穴式石室である。復室で全長約11mを測る。花崗岩の巨石を使用して造られ、石材の間には粘土の目詰めを行うなど丁寧な造りである。

【公式サイト】伊方古墳|福智町観光案内「ふくち旅」
【公開場所】福岡県田川郡福智町伊方3927−31

7.夏吉古墳群1・21号(市指定史跡) 田川市

平成31年度春の公開は20日(土)のみです。
夏吉地区のロマンスヶ丘の南麓には、古墳時代後期の田川地域では最大の古墳群が分布している。1号墳は、玄室側壁に石棚を持っており、21号は、全長12.5mと田川地域では、伊方古墳と共に最大級の石室を持つ。

【公式サイト】夏吉古墳群 / 田川市役所
【公開場所】福岡県田川市夏吉2454

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ