地域おこし協力隊

大任町地域おこし協力隊の活動報告「おおとう協力隊新聞vol.4 広報特別版(9月号)」出来上がりました!

大任町地域おこし協力隊、情報発信担当の竹谷です。今日は「大任町地域おこし協力隊の活動報告「おおとう協力隊新聞vol.4 広報特別版(9月号)」出来上がりました!」のご報告です。

今回は、大任町の広報誌のなかの1ページを頂いて、3人の8月の活動を簡単にまとめた新聞形式でお伝えしています。

普段この「おおとうぐらし」のウェブサイトやSNSでは情報発信をしていますが、紙版でも自分たちの活動のご報告ができる、違う形で町内外の方に活動を知っていただける機会を増やしていきたいと思います。

こちらをクリックすると「おおとう協力隊新聞9月号」PDFで拡大版が開きます。

今吉隊員(特産品開発&拡販担当)


8月11日にテレQで放送された『ごちそうマエストロ』で大任町の特産品「ニンニク・納豆・豆腐」、田川市の特産品「パプリカ」を使用して僕が作成した暑い夏を乗り切るレシピをご紹介しました。

テレビの収録はドキドキな体験でした!番組でご紹介したレシピは料理レシピサービスサイト「クックパッド」に大任町地域おこし協力隊公式ページを開設して公開しています。

またごちそうマエストロの公式サイトにはロバートの馬場ちゃんが作成したレシピを含め、公開されていますのでぜひご覧ください!

そして放送された番組冒頭に使われたひまわりの咲く花公園のドローン映像も撮影・提供しました。Youtubeの公式チャンネルでも公開中です。

また来年公開予定で田川市を舞台に池田エライザさんが初監督する映画「夏、至るころ」の作品中で使われる田川市の特産品「パプリカ」と大任町の特産品「熟成黒にんにく」を使用した料理のレシピづくりにも携わっています。今後も大任町の特産品・魅力を料理やドローンでバンバン紹介していこうと思います。

石田隊員(小さな農業+α担当)


こんにちは。“おおとう桜街道夏祭り”も無事に終わり、「いよいよ秋の始まりだなぁ」と実感しています。今年の夏は、台風にも振り回され農作物への心配事が多かったような気がします。

そんな中、嬉しい出来事も。大任町に移住してきて9カ月。畑で初めて夏野菜の収穫を経験しました!耕作放棄地のゴミ拾いや草刈り・整地等から始まり、長いようであっという間に迎えた収穫。本当に嬉しかったです!

無農薬で栽培することで、初めは害虫被害等がどうなるか、ヒヤヒヤしましたが、いつの間にか害虫を食べる虫が来て、その虫を食べるカエルが来て、カエルを食べるヘビが来て・・・と、あっという間にできた食物連鎖を目の前にすることができ、自然の凄さを改めて感じることができました。失敗もたくさんありますが、今の僕にとっては良い経験です。

竹谷隊員(情報発信担当)

僕がこの大任町に移住して地域おこし協力隊として行っているミッションは、大任町の地域資源や魅力を見つけて、主にインターネットを使って発信をし、広く町内外の方に知ってもらい、訪れるきっかけを作っていくことです。

国が現在推進している地方創生において特に重要視されているのが「関係人口」創出です。関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。

地方からの情報発信は、意識的・戦略的・継続的に行う必要があります。今後も大任町のことを情報発信して、継続的にイベント参加やまちづくりに関わる人を増やすきっかけ作りをしていきたいと思います。

おおとう協力隊新聞バックナンバー

さいごに

大任町地域おこし協力隊の3人の普段の活動の様子は「おおとうぐらし」ウェブサイトと各種SNSで配信しています。これから3人の活動はこの「おおとうぐらし」でも引き続きお伝えしていきたいと思います。このサイトのほか、下記SNSもぜひフォロー&いいね!等応援よろしくお願いします!

大任町地域おこし協力隊Facebookページ
おおとうぐらしinstagram
おおとうぐらしtwitter

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 田川情報へ